環境未来都市、北九州市の音楽家たちが発信する「オペラ」による環境メッセージ
北九州・オペラ

コンセプト

音楽による環境メッセージ

環境問題へのアプローチは様々ですが、「音楽」はメッセージ性が強く、どんな人でも受け入れやすいものです。自然環境を大きなテーマとしており、日本語で書かれたているので子どもたちにもわかりやすく、CO2大魔王などのキャラクターを登場させることで興味をそそります。

芸術文化の地産地消

出演者には、北九州地域の音楽家を起用することで、北九州ならではの芸術文化の発信にも少なからず寄与します。

アンサンブルの魅力

小編成ではありながらオーケストラ、また合唱も加え、アンサンブルの魅力を伝えることができる音楽作品です。舞台背景には影絵を投影させ、演出効果を高めます。

オリジナリティ

北九州市在住の作家によるオペラ制作に関しては大正6年頃に小倉高等女学校の音楽教諭として赴任していた藤井清水が作った物が最初とされていますが、その後、オペラの制作は皆無です。そういった意味でも北九州市オリジナル作品としての価値も高いものになるでしょう。